バナナはおやつですか?

どこにでもいるヲタク

ジャニヲタ セブンルール

久しぶりに長文打ちたくなった。Twitterで数ヶ月前見ていた #ジャニヲタセブンルール というハッシュタグが色んなヲタクがいて面白かったので私のマイルールを文章に落としてみようと思い今回記事を書いた。

 

#ジャニヲタセブンルール

それぞれのヲタクがヲタ活をする上で大切にしている7つのマイルール。

 

f:id:miya6saku5:20181025235947j:image

 

別にジャニヲタなんて所詮趣味であり、ルールを課してまでする事でもないが、私も人生の半分以上ヲタクをして、FCに年貢という名の年会費を払いながら遠征の度に某大手航空会社、まあJALなんですけど、JALやJR、各地のタクシー会社に貢いでる訳で、日々のお給料の何割かを確実に使ってるのが事実。お金だけじゃない、時間だって今までの人生にどれほど捧げただろう。受験勉強より、習い事より、学校より、会社より、、今までの人生で何よりも、気合いを入れて取り組んで意欲的に自発的に行ったのがヲタク活動な訳で。だからこその、わざわざ決めてしていた訳でもないが、気づいたらそうなってた、無意識にマイルール的存在になってた要素をとりあえず7つにまとめてみた。

 

f:id:miya6saku5:20181026000010j:image

 

①周知に公言する

これは働いてからより一層実感した。そもそも私はおしゃべり大好き野郎なので、公言しないと決めても数日でジャニヲタ公言してしまう。社会人3年目になった今やはりジャニヲタは公言した方が私はヲタクをやりやすい。何より、有給が取りやすい。1年目ながら、私は嵐のドームツアー『Are you Happy?』の時に、札幌土日、大阪土日、年明けに福岡土日祝3連休という、有給を全く使わずに遠征ライフをした際、連休明けに私からのお土産が休憩室にあるということが続き、私のヲタクがバレた。職場ではちゃんとした女性を演じようと仕事は大真面目に(稼ぎ無くしてヲタクは出来ぬ)働いていた。

 

先輩「旅行好きなの?めっちゃ行くね。しかも都市系ばっか」

「そうなんです!毎年だいたいこの時期色々行きます」

先輩「なんで?」

脳内(これどう言うか迷うな。ジャニーズって言ってもいいけどヲタクバレたら諸々突っ込まれそうだしその時間面倒だし、でもなんでに答える理由なんえ一つだし、とりあえず言うか、)

「ライブですw」

先輩「誰?」

脳内(わーこれ普通に嵐って言ったら今まで全くジャニーズ関連ネタ話した事ないから、ミーハーだと思われるのもやだなー。でも誤魔化すのもおかしすぎるよね)

「(声を大にして)嵐です!」

先輩「そうなんだ!よく当たるね」

 

こんな感じで私は職場にジャニヲタを公言した訳ですが、1年目でジャニヲタを公言したため有給発生以降、休みやすかったのは事実。職場だけでなく、普段遊ぶ友達にも公言している。実際チケット争奪戦の際、一般販売などでは友達に大変お世話になってるからである。私の好きなものの協力をしてくれる友達こそ私は本当の友達だと考える。もちろんスルーしたり、協力してくれない子もいるけど(少数)、公言することで母数は増える。もちろん私の方も頼まれたら出来る限り協力ないしはヘルプ要員はする。人間関係構築を上手くやるためにも、生きやすい環境にする為に、私はヲタク公言している。 

 

f:id:miya6saku5:20181026000026j:image

 

②生活の中心をアイドルにしない

 

コンサート、テレビ、ラジオ、CD.DVD.雑誌発売、フライヤー、看板、etc…とアイドルに関わる事は意外と時間もお金も使います。全部を制覇しようとすることももちろん楽しみの一つであり快感でもあります。ただ、それを中心に生活を回すのは良くない事も学びました。私は学生時代、アイドルを軸にした生活をしていた。まずテレビ番組がある時(例えゲスト出演であっても、一瞬たりとも出るならば)その時間には正座してテレビの前に居ましたし、生放送ならば何が何でも、バイトのシフトもそれに合わせ、CD.DVD発売の際はフラゲしてフラゲしたその日に全てを見て感想をTwitterにツラツラ述べ、映画のフライヤーは自分の手元に10枚は必要という謎のノルマを課してた時はフライヤーに出会うまで映画館をハシゴしたり、カタログの表紙に登場した際も電気屋さんハシゴ、よくしてたなぁと思います(笑)

今はライブやイベントなど実際に生に会える場に労力を使うようにし、その他だけ見ると意識低いヲタクになりつつありますが、私の中のアイドルはこれくらいが丁度いいことが分かりました。もちろん現場が1番大好きで何より優先順位高いのは昔から変わりません。その他のテレビ番組など、紙媒体の収集を疎かにしたことで、他の趣味に時間を使えたり、仕事に励んだり、新しいジャンルの友達を会う中で、私の人生として、私という人で生きる中で成長出来ている。新しいものに突っ込んでみたり、好きなものを増やしたり、私の人生をより華やかにするために、そんな生活が楽しいので、生活の中心をアイドルにする事を辞めた。

アイドルも全力、人生も全力、仕事も全力、新しいものも積極的に取り入れつつ選択肢を増やしていく人生は楽しい。

 

f:id:miya6saku5:20181026103056j:image

 

③愛は遠慮なく叫ぶ

もちろん街中で突然叫ぶ訳でなく、色んな媒体でアイドルを見ていいな、かわいいな、かっこいいなと思ったらその時ちゃんと声に出して見たり、SNSで共有したりすることです。ライブ中は全ての感情をむき出しにひたすら愛でつつ叫べる最強の場所。一般人に引かれようが、どう思われようが、素敵だと思ったことを素直に表現して何が悪い。この感情を大切にしてるからこそ毎日がキラキラ楽しくいられるのであるのでそこにとやかく言う人は私のふるいにかけて落とさせていただきます(笑)

よく夢中になれるものがあっていいね、って言われるけど、夢中とはまた違うんだよなー。これはどう表現したらいいのかまだ模索中。

 

f:id:miya6saku5:20181026103616j:image

 

④自担Gをアゲル時他Gをサゲナイ比べない

もちろん私は事務所担ではないしジャニーズの中でも好きじゃないタレントだっています。でも特にSNSでは他Gをサゲナイようしてます。これは普通に、自分が応援してる人が特にファンでもない人にとやかく言われると嫌ですよね、誰だって。

ヲタクしてたらヲタクしてることですらとやかく言う一般人がいるのだから耐久は多少あれどやはり嫌なものは嫌。あと比べるまでもなく私の応援してるメンバーは最強に最高なので比べる必要はありません( ˊᵕˋ )

 

f:id:miya6saku5:20181026115921j:image

 

⑤世の中には色んなヲタクがいる

ヲタクと一括りにされがちですが100人いれば100通りのヲタクのやり方生き方在り方優先順位があるわけです。そこにいちいち干渉するのは辞めて、合う人とだけ付き合う、絡む、やり取りする。

それだけとりあえず理解するという事。

 

f:id:miya6saku5:20181026153624j:image

 

⑥いつまでも居る思うな自担と金

こちらサブタイトル付きです(笑)まず本題。芸能業界流行り廃りがあるなかで必ずしもアイドルは永遠でないことをSMAPの解散で私たちは知らしめられました。いつか突然やって来る自担を見れなくなる日、グループ活動が応援出来なるなる日、考えたくなくてもその日がいつか来るのは絶対な訳で。もちろんそんなネガティブに過ごす事なんて全くないけど、それを踏まえて、今ある現場を今行ける限り、妥協は絶対しないで、入れるだけ入ってやろうと。もちろん自分の稼ぎに見合った活動をしないと破綻します。稼ぎなくしてヲタクは出来ぬ。ということでいつまでもあると思うな自担と金。

行かない後悔は一生します。私だって今までに行かない後悔結構してきました。最大の後悔は2014年の紅白歌合戦観覧を父親と行ってしまったことだ。SMAP.V6.TOKIO.嵐.関ジャニ∞.Sexy Zoneと私が思う最強メンツの観覧。2014年のSMAPコンはチケット取れず、また2年後母親と行こうと話してました。紅白は父親から熱烈な行きたいアピールをして一緒にいったのですが、まさか、私が最後に生で見たSMAPがこれで最後になるなんて、思ってもなかったわけですよ。それが当時分かってたら私は母親を120%連れて行った。結局2016年末に解散してしまい、2016年のライブは開催されず、もう5人で揃うことはあるのか、、、状態になってしまった。2014年のライブだって必死になってチケット探せば良かった。など沢山の後悔が出てくる。

嵐も同様に、もっと行きたかった観たかった触れたかった作品がごまんとある。行って後悔は絶対しない。なら行けるだけ行こうじゃないか。だってアイドルは有限だから。これが私の持論である。

 

f:id:miya6saku5:20181026154709j:image

⑦楽しくやる

結局はこれですよ。これに尽きます。

なんでジャニヲタやってるの?って聞かれたら間違いなく「楽しいから」って真顔で答えます私。計画通り行かないくらいチケット取れないし行かないし基本争奪戦出会っても、やっぱり楽しいし、アイドルが楽しそうに幸せそうな表情をしてたり、歌って踊ってキラキラキレキレの姿が見られるのは本当に至福。ライブ中って嫌なことぜーーんぶ脳内から消えません?これって本当に凄いことだと思うわけ。

アイドルは私にとってディズニーランド的存在で、夢の世界だけど、現実逃避って事でもなくて、なんか原点な感じ。ジャニヲタの経験を通して幼い頃から色んな体験、経験をして今があるって言ったらやや過大だけど、そんな感じの程よい距離感。楽しむ事が何より大切。ヲタ活だけでなく、何事も。

 

いかがでしたでしょうか?久しぶりに長文打ってみました(笑)今思いつく7つのことをパッと記事にしてみて、こんななんの生産性もないブログを必死になって書いてる自分にびっくりしてる。この熱量を普段でも使おう(˙-˙)これを機に色んな人のマイルールを覗くのも楽しいなあって思いまして、ヲタ活だけでなく、私生活の中でもこれだけは譲れない何かルールがある人いましたら教えてください☺︎

 

 

 

二十日鼠と人間 観劇記録

主演:三宅健

出演:花乃まりあ / 章平 / etc

 

二十日鼠と人間

ジョン・スタインベック原作のアメリカ文学作品。演出は鈴木裕美さん。新大久保にある、東京グローブ座にて、2018年10月3日(水)〜10月28日(日) 大阪・森ノ宮ピロティホールにて11月8日(木)〜11月11日(日)まで公演がある。

 

10月5日昼公演、10月13日昼公演、10月19日昼公演と3回観劇。今後の観劇予定はないので、ひとまず、こちらの備忘録に書き留める。

 

舞台は1930年代の世界大恐慌時代のカルフォルニア州。出稼ぎ労働者ジョージ(三宅健)とレニー(章平)の2人は夢を持ちながら、いつも共に行動している。そんな2人の物語なのだ。(これ以上はまだ観劇前の方もいるので自粛)

 

まず、舞台ということ。映画やドラマと違い、生の演技、生の声、なまものであるということ。そこに舞台観劇の意味は大いにある。今回、三宅健演じるジョージが怒るシーン、怒りを多大に表現するシーンが冒頭にあるのだが、そこが何度見ても、物語にスーっと吸い込まれていく感覚になる。ナイフを振り回して怒り叫び表現するジョージが私は1番印象的だった。内容的には全くもって、ハッピーエンドではない。終わりは複雑な気持ちになるかもしれないが非常に考えさせられる、考えることも必要かもしれない、そんな作品だった。

 

終演後のカーテンコールは、どの公演も3回だった気がする。カテコで、ステージに戻ってくるジョージの走り方が超、三宅健で、「健くんだー(゚´ω`゚)゚」ってめちゃくちゃ安心する瞬間でもあった。3回目で、ステージからはける時、章平が健くんをお姫様抱っこする。(可愛さ全開)そして、抱っこされた健くんが客席に手を振ってくる(可愛さの極み)

このカーテンコールの1コマが無かったら、私は東京グローブ座から出る時、ちょっと気が重かったかもしれない。最後の最後で微笑ましくて、とにかくそれ見たさに、最初は2回の予定だった観劇を増やしました(笑)チケット確保しました(笑)

 

10月15日の三宅健のラヂオ(Bay FM)でも話してたが、カーテンコールは裕美さん(演出家)は3回で終わらせたかったと。だがしかし、

 

三宅(・△・)< ファンの皆様への教育の賜物でしょうか、粘るっていうのを20年間のV6のライブで身につけてしまったので…

 

ということで、カテコ最後にお姫様抱っこをぶっこんだと。もうね、最高、、

可愛い健くんは誰が見ても誰が見ようともすぐ分かるし実際に可愛いんだけれども、やはり三宅健くんの本質は格好良さなわけであり、それぞれの場面が垣間見れて良かったです。作品の感想よりも三宅健くんの感想になってしまったのはお許し下さい。確実に作品内容要素満載の備忘録になってしまう。。

 

残りの公演も三宅健くん含めキャストの皆様、スタッフの皆様のご健勝を祈念申し上げます。

健くんFight(・△・)🧡 

 

f:id:miya6saku5:20181020212719j:image

 

 

 

 

愛なんだ2018

下書き置きっぱだった(゚´ω`゚)゚

 

 

2015年、2017年に次いで今年もありました

『V6の愛なんだ2018』2018.09.24

 

前形の番組は’97年〜'05年放送、学校へ行こう!。'05年からは学校へ行こう!MAXに改名し’08年まで放送されました。

ジャンルとしては学校教育バラエティ。学校を楽しくしよう!ということで、V6のメンバーたちが中学、高校へ赴き様々な企画・ロケをしていました。私も物心ついた頃から見ていたので、かなり印象的です。V610周年の修学旅行はお腹が痛くなるくらい笑った記憶があり、今でもたまに夜な夜なその映像を観ながら一人でクスクス笑うくらい🤭「未成年の主張」あの屋上から主張を叫ぶコーナーや、休み時間向上委員会で色んなリズム遊びゲームを世に出したな〜っていう番組です(省略しすぎ)

 

2015年に7年ぶりに復活し、2017年、2018年と今年もやってきましたこの季節( ˊᵕˋ )

毎度言ってるけどよく3時間に収めたな〜でももっとたくさん観たかった!!もうね、未成年の主張が個性的過ぎて、面白すぎて笑いながら涙が出ました。この番組の凄いところは、主張に含まれる子どもの『夢』を叶えちゃうところ⭐️

 

レディーガガに英語でインタビューしたい!という男の子と森田剛くんは一緒に映画祭にノンアポでベネチア🇮🇹まで行ったり、

(この時の剛くんの保護者感、ホテルでのお団子姿も、実際インタビューする時にキッチリスーツ着こなす森田さん素敵でした)

実際間近でガガ様を見れただけでなく、男の子が持ってた団扇と共に現地の新聞載っちゃったり、まさかの単独インタビューまで。こんなに夢を見せてくれて、叶える過程も、その時々の心情まで、リアリテイありつつ大人にまで夢を与えてくれ、

 

規則の厳しい高校では、普段22時以降スマホ禁止や親以外の車に乗ったらいけないなど数々の校則のあるお嬢様学校では、「コギャルになりたい」夢を叶える為、サオリとミホ(学校へ行こう当時のギャル)監修の元、生徒会長から部長たちまで変身させ、生き生きしている姿を見せてもらいました。「なんかヒロシ超見てくるんですけどぉ」を生徒に吹き込んだ剛健、大好きです。V6が来て、学校で普段出来ない遊びが出来て、最後にはイノッチが「また明日からはきちんと校則を守って頑張って」って、もうね、最高よ。

 

ヒガシマルのCMに出たい!」って女の子の夢まであっという間に叶えちゃって、廃校になる学校でも、生徒たちとV6で楽しくワイワイお掃除してるのが見てて楽しくて楽しくて。30代後半から40代グループの彼らが楽しそうにワイワイしてるのを今年も見れて良かった。

 

 

未公開シーンも翌日観ました。

V6最高です。大好きです。最高すぎて文章が思いつかない!!!以上!!!!

ブログ再開

こんにちは。

 

久しぶりにブログ再開してみようかなと思いまして改めて「はてなブログ」インストールし直しました。バナナはおやつですか?のタイトルはアメブロ時代(2009年前後)のタイトルをそのまま使っています。(FC会報櫻井翔連載コーナー名より抜粋、というか引用)はてなブログは、確か2013年か2014年頃、コンサートやイベントに参加したレポをひたすら落としていたのを覚えています。当時は20歳未満だったのですが、今や早23歳になりまして、相も変わらず、ジャニヲタしてます( ˘ ³˘)という事で自己紹介も兼ねて、簡単に、私がこうなった経歴でも残しておきます。

 

私はジャニヲタですが、主にV6と嵐のライブや舞台イベントetcの現場に足を運んでいます。それ以外で行ったことある現場は、関ジャニ∞2016年の東京ドーム公演、KAT-TUNの10ks東京ドーム公演、少年倶楽部NHKホール生放送(NHK枠)くらいです。よく、ジャニヲタを公言すると近藤真彦〜King&Prince、はたまたジャニーズJr.まで好きだと思われがちですが、割と皆様それぞれ守備範囲持ってますし、このグループだけ好きというのが、ほとんどの人だと思います。守備範囲を聞いてみると、その人には○○の話題大丈夫と基準が分かります。俗に言う「事務所担」という方もいまして、こちらはジャニーズ事務所に属している人全員好きなので、どのネタぶっ込んでも大丈夫🙆‍♀️

 

私はV6の三宅健くんと、嵐の櫻井翔くんを主に応援しています。きっかけは嵐が先なのですが、その前に私の母親のお話を。私の母親は香取慎吾くんが大好きで、私が生まれる前から香取担で、私が物心ついた頃には毎日テレビで見る存在として近くに感じていました。小2の頃発売した『世界に一つだけの花』は手話バージョンまで踊れたし、歌詞読まずして1曲丸々歌えた8歳でした。その環境に居たからなのか、ジャニーズを目にすることが多く、小学生の時に櫻井翔くんを見て(木更津キャッツアイからのよい子の味方)、何度か見て、覚えて、普通に好きになって、スルスルとFCに入り、今に至ります☺︎FCに入ったのは2005年頃。お茶の間がだいぶ長めで小4の祖父母からのお年玉でFC入りしました。

 

V6のきっかけは、2015年に櫻井くんの番組の番組協力に当選して、番協当日ちょうど真ん中で超見やすい場所で、待ってたら、ゲストが三宅健くん!!V6はずっと知ってたし、好きだったし応援もしてたし、嵐くんと絡んでくれる先輩として有り難く、毎度微笑ましく観ていたのですが、こんな近くで三宅健くんを見てすぐさまカッコいいという感情が芽生えました。その後その年に24時間テレビのメインパーソナリティをV6とHey!Say!JUMPでやりきり、V6がちょうど20周年ということでライブも続いてたこともあり、どっぷりと沼にはまってしまいました。

 

嵐の5人もV6の6人も意味ありきな人数だと思うし、誰一人欠けてほしくない、見てるだけでも微笑ましくて愛おしくて素敵なグループで、それぞれのグループや個別にも話していきたいのですが今回は割愛します。(死ぬほど長くなります)

 

instagramTwitterも私はやっているのですが、それぞれ発信の仕方は違いますし、向けてるターゲットというか、私の何書いても長文になりやすいのが迷惑にならないようにブログ再開しました(これ1番のきっかけ)

Instagramは写真や動画で伝えるのがテーマだと私は思います。角度や見え方。全体バランスなど考えるのも好きです。ストーリーは絶妙な15秒。そこをどう使うか考えるのも好き。

Twitterはなんといっても情報のスピード感、それと、140字以内で伝えるという事。そこに意味あり。短文だからこそ分かりやすかったり。します。ヲタ活は情報収集と情報選択が必要なのでスピード感ピカイチのTwitterはマストですね( ˊᵕˋ )

(っていう私も最近低浮上だけど気にしないで)

 

本日は私が沼に落ちたきっかけとブログ再開のお知らせということで終わらせて頂きます👀

 

文章打つのは好きなのですが、読むのが苦手なのでこちら一回打ち切ったら見返しはしてません。誤字脱字等あったらごめんなさい。読む能力低いので友達とのLINEで2行くらいしかないのに意味吐き違う20代独身女子ですので、そこのところだけよろしくお願い致します∠( `°∀°)/

 

私がジャニヲタの好きな所は約束守ってくれる方が多い!現場が被って「じゃあ東京ドーム24G前ね」ってなると分かりやすいところで待っててくれたり、こまめに連絡来るから時間調整しやすいし、時間とお金の管理が徹底してる方が多いので、だらしない人が少ない(私の周りは)。あとノリがみんな良い、普通に楽しい、ツアーだから会える人、地方公演行けば会える人など、普通に生きてたら出会えない友達の輪が広がる🤝うん、やっぱヲタク好き。どの現場行ってももはやジャニショでも友達に会っちゃう今とても楽しいです☺️

 

嵐くんのツアーで今年もそこら辺うろちょろしてると思うので見かけたらお声掛けくださいませ😌

 

 

 

☆~*~★~*~☆~*~★~*~

 

取り急ぎTwitterのみ紹介しておきます。

@miya6saku5 まっつん

http://twpf.jp/miya6saku5 (ツイプロ)

リプDM、Follow Remove ご自由にどうぞ。